私たちはMVNOを利用するべきか

私たちはMVNOを利用するべきか

私たちはMVNOを利用するべきか

まずMVNOとは何なのかについて説明します。

私たちは従来街中に店を構えるような携帯会社(以降大手キャリアと呼びます)と契約して携帯を使用してきましたが、月額料金が1万円近くと比較的高額であることに不満を持った方も少なくないことでしょう。そこで登場したのがMVNOです。

MVNOは大手キャリアの回線をレンタルすることで携帯をユーザーに格安で提供する業者のことです。


では、なぜ格安で利用できるのかというと先にも書いたように大手キャリアの回線をレンタルしていることと、主にネットで営業していることが挙げられます。
携帯回線を自前で用意することは基地局を立てるなどの大規模な事業となり容易ではなく新規参入が厳しい状態です。


そこで総務省の主導で大手キャリアの回線をレンタルすることでMVNOが携帯電話業界に参入したのです。

また、大手キャリアのように店舗を構えない業者が多いのでそれに関わる運営費や人件費がかからないためユーザーは格安での携帯利用が可能となります。



ここまでの内容を読むとまるでメリットしか無いように見えますが当然デメリットもあります。主には回線速度が大手キャリアに比べて遅い場合があること、不具合が起きた場合に基本的に自分で対処しなければならないこと、キャリアメールが使えないことなどが挙げられます。
回線というのは限りがあるものです。

大勢の人が1度に携帯で通信をすれば速度低下するのは当然のことです。


大手キャリアでさえ遅くなるので回線をレンタルしていてリソースの少ないMVNOが遅くなりやすいのは当然と言えます。

次に不具合が起きた場合ですが、大手キャリアの場合実店舗を構えているため、そこに端末を持ち込んで相談すれば何らかの対処をしてもらえるでしょう。一方でMVNOは基本的にネットでsimカードを契約して郵送されてきたものをユーザーが用意した端末に挿して使用するため実店舗が存在しない場合がほとんどです。
したがって、何らかの不具合があった場合はネットなどで調べて解決するか端末を買い替える必要があります。



言い忘れましたが端末の保証が無いこともデメリットの一つと言えます。

また、キャリアメールは大手キャリアにはそれぞれ存在しますがMVNOには基本的に存在しません。

稀にキャリアメールが無ければ登録できないサイトなどがあるのでそれらのサイトを利用する方にとってはデメリットとなるかもしれませんが利用しない方はフリーメールや連絡用のアプリなどがあるのでそちらで事足りることでしょう。



ここまでの内容を踏まえるとMVNOの利用に向いている方とそうでない方が分かります。

ある程度機械やITなどの分野に詳しく、そこまで回線速度にこだわりが無い方はMVNOを、あまり機械に詳しくなく多少費用がかさんでも快適に携帯を利用したいという方は大手キャリアを利用すべきでしょう。

この記事を読んでいただいたみなさんは自分がどのタイプなのかを判断して賢く携帯を利用されることをお勧めします。

Copyright (C) 2017 私たちはMVNOを利用するべきか All Rights Reserved.