安く使うならMVNOで

安く使うならMVNOで

安く使うならMVNOで

最近ではガラパゴス携帯からスマートフォンへの移行が急速に進んでいます。スマートフォンは手のひらサイズのパソコンといわれるほど高性能で、自分が必要とするアプリをインストールする事で日常生活が便利になるのが魅力です。

スマートフォンを大手キャリア会社との契約で使っている方は、全体の半数以上にのぼります。
大手キャリア会社は、安定した通信環境や最新機種を使う事が出来るなどの、サービスが充実しているのが特徴です。
しかし、充実したサービスを提供しているため設備維持費などのコストがかかる結果、利用者の料金負担が大きくなっている現状があります。


このデメリット面を解消できる新たなサービスとして、MVNOという通信事業者が数年前から続々と通信業界に参入しています。
MVNOは仮想移動体通信事業者とも呼ばれ、格安料金でスマートフォンを利用できるSIMカードを販売している会社です。

SIMカードはスマートフォンなどの携帯端末を利用する際に必要な情報記録カードで、利用者本人を特定する役目もあります。
MVNOで利用契約すると大手キャリア会社と比較して、半額以下にまで通信料金を抑える事が可能です。

MVNOでは独自の通信インフラ設備を持たず、大手通信会社の通信網を借りる形で通信事業を展開しています。
この為、大手会社から通信設備を借りる際のコストはかかりますが、膨大なコストが必要となる設備の維持管理などの必要がなく、提供するサービスも必要最小限となっているのが特徴です。

サービスを必要最小限にしている事で、販売されているスマートフォン端末の種類も少なく、型遅れの機種を販売している事も多いです。



また、大手キャリア会社では端末だけを交換する機種変更が可能ですが、MVNOは誕生してまだ日が浅い為、機種変更に対応していない会社のほうが圧倒的に多く、通信回線速度もキャリア会社より遅めとなっています。
この事から使用頻度が少ないライトユーザーや、充実したサービスを必要としない方に向いている通信サービスといえます。

最近ではMVNOも頻繁にCM展開するなどして周知を図っているので利用者も増加傾向にあり、機種変更などのサービス向上は徐々に図られています。



MVNOの利用プランでは、音声通話SIMとデータSIMを選ぶ事が出来るのが最大の特徴で、通話を必要としない方はデータ通信だけ可能なデータSIMを選ぶ事が可能です。



データSIMであればひと月の利用料金が1000円をきるプランもあり、大手キャリア会社と比較して、50%から70%程度、利用料金を節約する事ができます。

MVNOを分かりやすく解説するネットサイトが多くあるので、詳しく知りたい方や乗り換えを検討中の方は解説サイトやMVNOのホームページを閲覧すると良いでしょう。MVNOとの契約は多くの事業者で、オンラインからの契約が主流となっているので、店舗まで行く手間がないのも利点です。

Copyright (C) 2017 安く使うならMVNOで All Rights Reserved.