事業者をMVNOに変えることで起きること

事業者をMVNOに変えることで起きること

事業者をMVNOに変えることで起きること

キャリアだけが携帯電話の契約ができる存在ではありません。
仮想移動体通信事業者と呼ばれるMVNOも携帯電話の回線契約をすることができるようになりました。
これに変えることによって、直接的に利用者に及ぼすことについて知ると、使いたくなってくることもあるでしょう。
特にキャリアの利用料金が高いと感じている方にこそ、MVNOの特徴を知ることで利用価値を見出すことができるはずです。

その価値を見出す人の割合は多いはずです。

ほとんどの人がキャリアの利用料金が高いと感じていますので、この感情を持つのは当然と言えるでしょう。


MVNOに切り替えることでキャリアの利用をしていたときよりも、3分の1以下になった人もいるくらいですので、大きなメリットを感じることができるはずです。
なぜここまで料金が安くなることについて知っておくようにしましょう。



MVNO自体が安いプランを提供していることもあげられますが、キャリアとの仕組みが違うことによって起きることをあげなければいけません。
キャリアは通信設備を整えて運営をしていますが、MVNOはそうではありません。

キャリアの通信インフラをレンタルしていることから、自前で構える必要がないことでその分を利用料金に反映させています。店舗の数が少ないのも、利用者に還元できている理由です。


キャリアは店舗営業をしており、その維持費から人件費といろいろとお金が掛かります。


MVNOは店舗を持たずにネットだけで営業をしていることから、維持費等がまったく掛かりません。

その分を利用者の料金を安くすることが可能です。このようなことで安くすることができています。新しいキャリアのように考えるのも間違ってはいけませんが、通信インフラなどの点から詳細を見ていくと、決定的な違いがあります。

ただその違いはあまり利用者には関係がないことですので、そのまま利用料金が下がる恩恵を得ることができるでしょう。

ただし利用によって、障害が生まれることもあります。



ドコモの通信インフラを借りているMVNOが多いのが現状であり、繋がりやすさはキャリアとそれほど変わることはありません。

ただ携帯電話の利用時間が多くなる夜になると、回線速度が遅くなることも報告されています。

ドコモキャリアの人を優先していることから起きる現象と言われていますが、必ずしもキャリア時代と使い勝手が変わらないとは言えない現状があることも知っておきましょう。

もうひとつMVNOは、キャリア決済を行っていません。キャリア決済はなにかと便利なことが多いかったです。



サイトの利用料金からアプリの支払い、そして買い物にも使うことができ、毎月の請求のときに利用料金と同時に支払うことができていましたが、それを使えなくなります。キャリア決済を利用していた人にとっては、MVNOに切り替えることで大きな障害を感じることが多いですので、この点に関しては十分理解したうえで利用をしてください。

Copyright (C) 2017 事業者をMVNOに変えることで起きること All Rights Reserved.