携帯料金が安くなる「MVNO」とは?

携帯料金が安くなる「MVNO」とは?

携帯料金が安くなる「MVNO」とは?

2001年秋に登場し、現在では非常に高い注目を浴びている「MVNO」。

「MVNOや格安SIMという言葉は知っているし、乗り換える事で月々の携帯電話の料金が安くなる、と聞いた事はあるが、そもそもMVNOや格安SIMというのが一体何なのかよく分からない」という方はまだまだ非常に多いのが現状です。

MVNOとは「MobileVirtualNetworkOperator」を略した言葉で、日本語に訳すと「仮想移動体通信事業者」となります。
格安SIMとはMVNOが販売するSIMカードの事です。

対して、「キャリア」と呼ばれる大手携帯電話事業者は「MNO(MobileNetworkOperator)」と呼ばれます。



MVNOとキャリアとの最大の違いは、自社の無線通信インフラを持っているかどうかです。


キャリアは、携帯電話等の通信サービスを提供するに当たって、全国各地に電波基地局等の自社の設備を保有しています。


キャリアが全国に築いた通信ネットワークによって、私たちは安定した通信サービスを受ける事が出来ています。

対して、MVNOは自社の無線通信インフラを持っていません。

では自社設備を持たずにどうやって通信サービスの提供をしているのかと言うと、キャリアからインフラ回線網を借り受けているのです。

通信設備の維持・管理等に掛かる費用が発生しない為、キャリアと比べて安価でサービスの提供が出来る、これが携帯電話料金が安くなる仕組みです。

次に、MVNOを使う事によるメリットを挙げていきます。キャリアの通信網を使用している為、当然通話可能エリアに関してはキャリアと同じです。


通話品質に関しては、事業者によって品質にバラつきはあるものの、どの事業者も概ねキャリアと遜色の無い高品質の通話が可能となっています。

キャリアからMVNOに乗り換える事で、通話エリア・通話品質はキャリアと同等の高レベルを維持しつつ、月々の料金を大幅に安く抑える事が出来るのです。
他には、キャリアでは2年縛り等が無いという点も大きなメリットです。



事業者によっては最低利用期間が設けられている場合もありますが、概ね6ヶ月~12ヶ月程度と短くなっています。では、キャリアからMVNOに乗り換えるに当たってのデメリットは何でしょうか。


まず挙げられるのは、MVNO事業者の数が多く、サービス内容や料金についても事業者によってバラバラで、どれを選んで良いのか分かりづらい、という点です。



通信速度についても、事業者のプランによってはキャリアに劣る場合があります。

他にも、キャリアメールが使えなくなる、実店舗を持たない事業者が多いのでサポート面での不安が残る、等がデメリットとして挙げられます。

MVNOへの乗り換えを検討する場合は、自身の携帯電話の使い方と照らし合わせ、必要に応じて自分で各事業者のサービス内容・料金等についての情報収集をし、メリットデメリットを正しく理解した上で行なう必要があると言えます。

Copyright (C) 2017 携帯料金が安くなる「MVNO」とは? All Rights Reserved.