MVNOに移行するときに注意するべき点

MVNOに移行するときに注意するべき点

MVNOに移行するときに注意するべき点

MVNOとは、キャリアなど実際のネットワークを持っている会社からネットワークを借りてユーザへ使わせる会社のことを言います。

日本では、格安SIMという表現でも使われております。

値段の面ですとキャリアだと月7000円近い金額がかかることが多いかと思いますが、MVNOを使うと月2000円以下の場合もあります。値段だけを見れば誰でもメリットがあるかと思いますが、いくつかの注意するべき点があります。

まず、一番最初に注意する点としては、キャリアメールが使えなくなることが上げられます。

世の中のサービスだとキャリアメールを持っていることが必須になっているサービスもありますが、自分自身がキャリアメールで他の人とやりとりしている場合は、それがなくなることが最大の注意するべき点になります。

今であれば、クラウドのメールサービスはいくらでもありますが、キャリアメールだとPush通知が飛んでくるメリットがあります。


実際には、各アプリを使えばPush通知を飛んでくるようにすることもできますが、一定のスマートフォンの知識が必要になりますので、これが一つの壁になっている可能性が高いでしょう。

二つ目の注意点は、ネットワークが重くなる可能性が高いことが上げられます。

ネットワークがすいている時間帯はそこまでではありませんが、キャリア側もネットワークが重いときは、ネットワークをMVNO側には絞っている可能性があります。

昼の重い時間などに使いたい人にとってはあまりよくないともいえます。



三つ目の注意点としては、端末の値段がかなり高額になることが上げられます。

キャリアでは、実質0円で端末を購入できていた人も多くいるでしょう。

今回の、Apple社から発売されたiPhoneX以外では端末の値段に3万円以上払うこともなかったかと思われます。
それに比べて、MVNOで端末を購入する場合は、端末の補助は一切ありませんので、端末の値段をそのまま払う必要があります。



iPhoneXであれば端末の値段が14万以上しますが、それでない端末であっても10万円近い値段がする場合がほとんどになります。
つまり、MVNOを使って値段が下がる人は、キャリアなので購入した端末をそのまま使う人や、端末を新興国で発売されている端末を使って安く端末の値段を抑えることができる人になります。



それも端末はできる限り長く使うにこしたことはありません。

キャリアで2年に1回端末を購入したい人にとっては、あまり値段的メリットはないかもしれません。
最後の注意点としては、自分でSIMを端末に指したりする必要があります。
そして、初期設定などをすべて行う必要があります。


従って、スマートフォンに対する一定の知識が必要になるでしょう。これも、MVNOに移すに当たって一つの壁になるでしょう。
上記の注意点に問題ない人であれば携帯の毎月払う値段をかなり下げることできますので、MVNOに移るのはおすすめになります。


Copyright (C) 2017 MVNOに移行するときに注意するべき点 All Rights Reserved.