GoogleMapのライセンス形態に注意

GoogleMapは従来は比較的自由に利用できるアプリケーションを揃えており、非常に利用しやすいものとなっている傾向がありましたが、最近ではライセンス登録を行わないと一切のアプリケーションが利用できない仕組みとなっていることから注意をしなければなりません。

GoogleMapのライセンスについての知識を高めてもらうためのサイトです。

特に以前から利用している人にとっては、その切り替えによりこれまで利用できていったものが利用できなくなってしまっているケースもあるので注意が必要です。
これはGoogleMapのライセンスの仕組みが変更されたことによるもので、使用するアプリケーションによっては無償で利用できるものがあるにもかかわらずライセンスを登録しないと使用できない形になっていることからくるものです。

これまでGoogleMapのアプリケーションは無料で利用できるものと有償手の利用に限られるものとの2種類があり、無償で利用できるものは自由に利用できるというメリットがありました。



そのため一切の登録を行わずにこれまで利用していた人も多い傾向があり、有償のものを利用する際に初めて登録を行い、使用することが多かったのです。しかし中には自由に利用できるものとそうでないものの区別が明確になっていないために、有償のものを利用しようとしてトラブルが発生してしまうこともありました。


ライセンス形態の変更により、GoogleMapのアプリケーションを利用する際には必ず登録を行い、同時に課金情報を登録しなければなりません。

これにより、無償のものは無料で利用できる形は引き継がれますが、有償のものを利用する際にはそのまま利用できる代わりに、必要に応じて課金がなされる形になるので、費用は発生しますがスムーズに利用できることになります。