MVNOの説明と活用

MVNOの説明と活用

MVNOの説明と活用

MVNOとはMobileVirtualNetworkOperatorのことです。


日本語に訳すと、仮想移動通信事業者になります。

MVNOはNTTドコモなどのキャリアと比べて携帯料金がとても安いです。

なぜかというと、MVNOは自身の通信設備や回線を持っていません。



ドコモやauの通信回線を借りているので、安い携帯料金を提供することができます。また、店舖がほとんどないことで、人件費などの経費を節約することができます。

イオンモバイルは全国のイオンに店舖があります。

MVNOと契約することのメリットは、携帯料金が安いことと、解約時の高額な解約金がありません。

解約金はありますが、キャリアの解約金と比べれば安いです。


携帯をあまり使わないライトユーザーは1000円以下で携帯を使うこともできます。デメリットは、ドコモメールなどのキャリアメールを使うことができません。これは、GmailやYahoomailを使うことで解決することができます。
もう一つが、キャリアのような月々の携帯料金のサポートがありません。

だから、携帯端末の料金は自分で払わなければいけません。
キャリアを解約してMVNOに転向した場合は別ですが、そうでない場合は負担が大きくなります。

特に、iPhoneやGaIaxy、Xperiaなどの高額な端末は8万円以上するので、負担はとても大きいです。また、MVNOは電話代が高いです。

この問題は、LINEやSkypeなどのアプリを使うことで解決することができます。

MVNOは2017年6月現在800万回線になりました。


契約数の多い順に、NTTコミュニケーションが運営するOCNモバイル、インターネットイニシアティブが運営するIIJ、楽天が運営する楽天モバイルとなっています。



テレビやインターネットでもCMや広告が多くなっています。また、ソフトバンクやauはMVNOに対抗するために、セカンドブランドのYmobileやUQmobileをつくりました。

これも、ネットやテレビで宣伝をしています。MVNOは様々な特徴あるプランなどがあります。

LINEモバイルはLINEやTwitter、FaceBookやInstgramの4つのSNSの利用がカウントフリーになります。

カウントフリーとは、データ通信に4つのSNSがカウントされません。

SNSをよく利用する人にとっては、いいプランです。



BIGLOBESIMは有料のエンタメフリー・オプションを提供しています。

これに加入すると、YouTube、GooglePlayMusic、AbemaTVなどがカウントフリーになっています。

有料のオプションですが1000円以下なので、気軽に加入することができます。カウントフリーのプランに加入すると契約しているデータ量を使い切れないことがあります。

契約する時は、少し少なめのデータ量のプランを選択すれば、上手くスマホを利用できます。

Copyright (C) 2017 MVNOの説明と活用 All Rights Reserved.