カードローンのリボ払いとはどんな返済方法か

カードローンを利用する場合、借りたお金を返済するのにリボルビング払いとなっている場合が多いです。リボルビング払いは省略してリボ払いと言われる事も多いのですが、この方法は毎月一定の金額を少しずつ返済する方式となっています。分割払いと似ていますが違う返済方式であり、分割払いの場合は購入した商品に対して何回で決められた返済回数で返済するように毎月の返済額が変わってきますが、リボ払いの場合は毎月の返済額は常に一定となるようになっています。ただ、最近のキャッシングやカードローンの場合は残高スライド方式と呼ばれる方式になっている事が多く、借入残高に応じて毎月の返済額が決定されるようになっている事が多いです。

いずれにしても、毎月の返済額がほぼ一定であるので返済を計画的に行いやすいという特徴があります。ただ、カードローンは毎月の返済額が決まっているとはいっても繰り上げ返済は可能なので、返済する余裕がある時には繰り上げ返済をした方が良いです。リボ払いは借入額に対して毎月の負担は比較的少ないので比較的余裕を持って返済しやすいのですが、それが同時にリボ払いの欠点ともなっています。返済負担が少ないという事は返済が長期化しやすくて、返済が長期化すると利息が高くなってしまうのです。

毎月の返済額だけを気にしていると利息の事を忘れてしまいがちになり、きちんと管理しておかないと気が付かない内にかなりの高額な利息を払っているという事にもなりかねないのです。カードローンのリボ払いは便利ではあるのですが、メリットとデメリットの両方を理解した上で利用した方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です