カードローンの信用情報

カードローンでお金を借りる前に知っておきたいのは、もしも支払い遅延してしまった場合のことです。支払いが遅れる可能性があるのは、理由がいくつか考えられます。例えば返済能力以上の金額を借りてしまって、お金が用意できず、返済が滞ってしまった場合です。また単純に支払いを忘れてしまうということも考えられます。

カードローンの支払い方法が多様化しているのですが、指定口座からの引き落としにしていても、残額が入っていなかったということも考えられます。返すお金がないわけでなくても、指定日までに振り込みができなければ、それは延滞です。しかし、もしも遅延したとしても、その分の利息つまり延滞金を払えば済むと思っていないでしょうか。しかし、そんな簡単なことではありません。

もしも支払いの遅延などをしてしまうと、自身の信用情報を傷付けることになり、状況によってはカードローンのいわゆるブラックリストのような信用情報に登録されてしまうこともあるのです。この信用情報は各金融機関で共有されていますから、一度信用情報に傷がつくと大変です。今はまだ新たに借り入れができないくらいの問題でも、今後住宅ローンや教育ローンなどを組む際に、苦労をする可能性があるのです。もちろんきちんと支払いが完了していれば、信用情報は5年で登録が消えて、まっさらな状態に戻ります。

けれど5年程度は、いわゆるブラックリストに載っている状態というのを把握しておかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です