昨今のお中元について

恩師や会社の仲間など、普段お世話になった人たちに感謝の気持ちを込めてプレゼントがあります。お中元は日本の慣例行事であることは言うまでもありません。旧暦の一年を二つに分けて、夏にはお中元であり、冬にはお歳暮とされます。お中元の起源は、7月15日が中元という日に因んだものです。

仏教の盂蘭盆会に先祖の霊にお供え物をすることから始まっています。この時期にありがとうという意味で物を贈るという習慣が定着していきました。この送る時期については、地域によって時期が異なるという特徴があります。関東では関西に比べて時期が早いことが注目できます。

一般的に関東では7月初旬から7月15日までに済ませなければなりません。それに対して、関西では7月下旬から8月15日までとなります。おおむね1か月程度差があるので注意しなければならないでしょう。関西の人が首都圏に発送する場合は、特に時期を逃してしまう可能性がみられます。

そのため、6月ごろからどのような品物にするのか選んで準備しておくことが大切です。しかし、遅れたからといってもお中元としてではなく、残暑見舞いとして出すことは失礼には当たりません。お付き合いにはいろいろと気苦労がありますが、そのルールをわかっていればなんとかなります。次に、どんな物にするかというのもまた迷う要因です。

旬のモノや相手の好物も喜んでもらえます。これまでの付き合いの中で情報を収集しておくことも必要だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です