時代のトレンドも参考に選ぶことができるお中元の品

ファッション業界や飲食の世界にも流行りがあるように、お中元にも時代にマッチしたトレンドがあります。日本で古くから続けられてきた夏のご挨拶の習慣であり、夏らしいそうめんやウナギ類はまさに定番ギフトです。冷やしておいしい水ようかんなどの夏らしい和菓子も陰りを見せることはないですが、近年では和菓子に限らず洋菓子も含めて、スイーツの選べる種類は幅広くなってきました。子供だけが楽しめる菓子ではなく、大人もご年配の方も幅広い年齢層が楽しめる菓子類が豊富です。

切り分ける手間のない個包装の菓子類などは、家族だけではなく会社関係で贈っても分けやすさから喜ばれます。忘れてはならないのは、お中元は自分の趣味嗜好ではなく、あくまでも相手のことを考え思いやるという基本です。相手の好みなどをベースに選択をすることになりますが、嗜好品がわからない時には、話題の食べ物や高評価を得ている品物をチェックするようにします。時代の移り変わりとともに近年では、お中元に食べ物類ではなく、商品券を選ぶケースも少なくはありません。

イメージ的に金券はお金に困っているように感じられるため、あまり良いとはされていませんでした。ところが今では物でもらうよりも、贈った相手が自由に品物に変えることができるよう、商品券もOKといった流れもあります。マナーという視点で気になるようであれば、商品券ではなく相手が自由気ままに選べる、ギフトカタログを贈るのも一案です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です